会社を継続させる

男性女性

M&Aは企業としても経営者個人としてもメリットがあります。前者については後継者問題を解決できますし、従業員の雇用も維持することができます。一方、後者については株式譲渡による手取額の増加と連帯保証からの解除があります。

詳細を確認する

企業買収の利点

ウーマン

人気の企業買収

M&Aは世界的に人気があります。現状会社が業務としての行っている業種以外に手を伸ばそうと思ってもノウハウを含め、参入障壁は非常に多いものです。そのような理由で他業種に参入できないと、現状の業務が右肩下がりの業種であれば企業として大きな問題です。その場合、非常に有効な手段がM&Aです。参入に際し、新しい業種の知識がなくても買収ができますし、買収した企業のノウハウをそのまま買うことができます。それ以外にもメリットは多くあります。買収した企業の特許等の資産や人材を手に入れることができる点も人気の理由です。特許等は一朝一夕に手に入れることはできませんので、長年の研究開発費をかけて手に入れるものであるため、M&Aならではのメリットともいえますし、人材の教育についても長年の年月が必要となるので、取得にあたり大きな価値を持っています。

企業買収の特徴

M&Aでは大きく二つの特徴があります。一つは上記でもあげましたが、買収を持ち掛ける企業が他業種を買う場合です。この場合は、成長産業への参入の足掛かりとしてその成長産業のベンチャー企業等を買うなどが多いです。大きい企業であれば、その分買収にかかる費用も多くなります。二つ目は同業種の企業を買収する場合です。これも非常にメリットがあります。まず、買収してしまえば同業他社が一つ減るわけなのでこれだけでも意味はあるのですが、業界内でのシェアが大きく増えることで戦略の組み方が変わります。シェアが低い場合はシェアを取りに行くためにニッチな個所を狙う等の工夫が必要ですが、シェアが多ければ、規模の利益を多く得ることができるため、メリットが大きいです。上記以外にも海外の企業を買収することで、海外進出の足掛かりとする場合も多いです。

どんなメリットがあるか

握手

M&Aとは、「企業の合併と買収」を意味します。M&Aをすると、買い手企業には、マーケットシェアの拡大・コストの削減などのメリットがあります。売り手企業にとっても、後継者問題を解決できるなどのメリットがあります。

詳細を確認する

相乗効果を最大にする

ビル

M&Aにおいて、相手先企業の過去の成長性が必ずしも将来の成長を約束するものではありません。ですから、買収後の統合作業、技術の共有、シナジー効果の最大化が重要になってきます。M&Aの前後の準備をしっかりとして臨んでいきたいものです。

詳細を確認する