会社を継続させる|企業買収しようと思っているのならM&Aへ|メリットを把握して活用

会社を継続させる

男性女性

企業としての利点

中小企業の経営者の中には後継者が見つからずに悩んでいる人もいます。適切な後継者がいないままだとこれまでの技術やノウハウを承継させることができません。しかしながら、M&Aであれば会社を存続することができます。また、従業員の雇用も守られます。極端なことを言えば株主が変わるだけです。そのため、従業員はモチベーションを維持したまま引き続き業務を遂行することになります。一般的にはM&Aの後に大規模なリストラを実施することはありません。さらに、M&Aは企業の事業力が強化されます。自社よりも小さい企業に吸収される場合は稀であり、ほとんどが大きな企業の傘下に入りますので、自社の苦手な部分を補強することができて売上増につながります。

経営者個人としての利点

企業としてメリットがあるだけではありません。経営者としても利点もあります。M&Aを行えば企業を譲渡することになりますので、株式譲渡を行います。これは倒産した場合に比べるとオーナーの手取額が増えます。また、中小企業の経営者の場合には連帯保証をしていたり、個人資産が担保になっている場合が多いですが、そうしたものから解除されます。このように、M&Aは買収される企業にとっても経営者個人にとってもよいのです。このようなM&Aは特に「友好的M&A」とよばれています。友好的M&Aを実現するために仲介アドバイザリーに依頼することもおすすめです。買い手と売り手にとって良い結果になるようにサポートをするのがアドバイザリーの仕事です。