相乗効果を最大にする|企業買収しようと思っているのならM&Aへ|メリットを把握して活用

相乗効果を最大にする

ビル

まずは目的を明確に

M&Aは、買い手企業において利益の向上、経営規模の拡大、新しい技術の取得など様々なメリットがあります。案件次第では、統合後予想以上の付加価値を生むこともあります。まさに経営者にとって次のステップに進む有効な手段です。そのためにも、まずは目的を明確にする必要があります。元々の経営戦略が検討しているM&Aと合致しているのか、そもそもその経営戦略は、株主、顧客、社員、社会などの利害関係者のうち、誰に大きく寄与するものか明確にしていきます。そうすることでM&Aにおける方向性がみえてきます。その上で、相手先の顧客層、技術、人材、ブランドなどの内どれを獲得すべきかを決定します。シナジー効果や事業を多角化して安定性をはかるのも大きなメリットです。M&Aを通して自社の方向性を明確していくことができるはずです。

情報と交渉力が必要である

M&Aの目的が明確になれば、その目的に合った企業を探すことになります。ニーズに合った買収を実現するためには、ある程度幅広く情報を集める必要があります。したがって、いくつかの仲介業者や金融機関に買収ニーズを伝えておくべきです。目的に合った案件が見つかったら、その会社との交渉です。当然のことですがその会社の経営者は、自分の育てた会社に強い思い入れがあり、社員を自分の身内のように思っている場合もあります。決して上から目線の態度で接するのではなく、まずは信頼関係を構築すべきです。信頼関係があれば条件交渉もスムーズに進むはずです。さらに親交を深めれば、データや表面上の情報では得られない情報を得ることができるでしょう。これまで見えてこなかった相手先の魅力を知ることは大切なことです。