どんなメリットがあるか|企業買収しようと思っているのならM&Aへ|メリットを把握して活用

どんなメリットがあるか

握手

買い手企業のメリット

M&Aとは、「Mergers(合併)andAcquisitions(買収)」の略で、「企業の合併と買収」を意味します。広い意味では、合併・買収だけでなく、事業譲渡や資本提携などを含む企業間提携の総称として使われます。M&Aは、買い手企業にとって次のようなメリットがあります。まず、シェアの拡大・事業規模の拡大です。同じ業界内でM&Aをした場合、マーケットシェアの拡大による売り上げの増加が見込めます。さらに、事業規模が拡大することで、より低コストでの大量生産が可能となります。次に、取引にかかるコストの削減です。市場から部品を調達すると、本当に品質が良いかどうか監視する費用が発生します。例えば、自動車メーカーと部品メーカーが合併すれば、部品を自社で製造できるようになり、市場から部品を仕入れるよりもコストを削減できる可能性があります。

売り手企業のメリット

M&Aは、売り手企業にもメリットがあります。その一つが後継者問題の解決に役立つことです。近年、経営者の高齢化が進み、企業の後継者問題が深刻になっています。M&Aにより、優良企業に会社を任せることで、後継者問題を解決できます。経営者の中には、そもそも子供がいない方もしますし、子供がいても、大手企業に就職していたり親子仲が悪かったり、会社を継いでくれないケースもあります。また、子供に継ぐ意志があっても、能力的に会社を任せるのは不安という方もいるでしょう。後継者がいないという理由で、自分の代で会社を清算・廃業する経営者もいます。しかし、会社を清算してしまっては、今まで一緒に仕事をしてきた従業員の雇用を守れません。優良企業に会社の経営を引き継いでもらえば、従業員の雇用も守ることができます。